気象予報士の河津真人(@makotokawazu)です。
とにかく明るい感じでつぶやいてみましたが、思ったより反響がありました。やはり皆さん夏は夏らしい感じがよいのでしょうか。どうも23日(水)ごろからは真夏らしい天気と暑さが戻ってきそうです。暑くなったらなったで、涼しい方がよかったと私は思ってしまいそうですが笑



石垣島では観測史上1位の高温に


(気象庁ウェブサイトより)

きょうの東京の最高気温は29.3℃でギリギリ真夏日にはならない程度だったんですが、沖縄県の石垣島では35.6℃まで上がって猛暑日になりました。実はこの気温、1896年からの観測で最も高い値なんです。

そもそも沖縄県って海の影響が大きいので、本州に比べて35℃以上になることって少ないのです。今回は島付近の海面水温が平年に比べて高かったことや、きょう発生した台風13号が暖かい空気を持ち込んだことが要因になっているのではないでしょうか。122年の歴史の中で最も暑かった日と言ってもいいでしょう。

一方、東京はきょうで20日連続で降水を観測していて40年ぶりだとか言われているわけですが…ぶっちゃけきょうとか雨降ってたっけ?レベルだと思うので、かなりどうでもいい記録だと思います。石垣島の記録のほうが気象的に考えてよっぽど重要です。

台風の予測精度、欧米より悪いってよ



日曜日なのでチーム森田のブログも書きました。先日公開された気象庁の資料によると、台風の進路予測の誤差は欧米の気象予測機関と比べて大きいみたいです。個人的には今でもそんなに不満はないですが、さすがに5日先の予報はブレが大きいとは思うので、今後の改善を望みます。