気象予報士の河津真人(@makotokawazu)です。
連日書いてますが、きょうも暑くなりました。暑さ常連の館林は37.4℃まで上がってぶっちぎりの全国1位となりました。その暑さの影響もあって、関東ではあちらこちらで雷雨となっています。まだ梅雨明けの発表はありませんが、こういう天気は真夏の特徴でもありますね。

13日も関東を中心ににわか雨や雷雨


あす13日(木)の天気の移り変わりです。
関東など東日本や福島県ではあすも午前中から雨の降るところがありそうです。一方で西日本や北日本は晴れるところが多くなりそうです。

向こう1週間の予報を見ると、西日本では雨のマークがついていません。平年ですと九州南部の梅雨明けは7月14日、九州北部から関東甲信にかけては18〜21日ごろとなっていますので、そろそろ発表があってもおかしくありません。

話はちょっと前後しますが、関東ではあすも大気の状態が不安定なため、雷雨になるところがありそうです。ザーッと強く降るところも出てきそうなので、空模様の変化にご注意ください。

西日本と北海道で猛暑地点続出か



予想最高気温は西日本で高くなりそうなほか、北海道でも西風のフェーン現象で35℃以上になるところがありそうです。もはや日本のどこにいても暑さからは逃れられないのか…。