気象予報士の河津真人(@makotokawazu)です。
きょうも全国的に気温が高くなりました。特に高かったのは北陸地方で、富山は37.3℃。そのほかでも山形で36.3℃、大分で36.2℃、群馬県の館林で36.0℃など、体温並みの温度となりました。

12日には少しだけ暑さ落ち着く


あす12日(水)ですが、梅雨前線が近づいて来て曇りや雨のところが多くなるため、きょうと比べると気温は低くなりそうです。それでも各地で30℃前後、湿度も高くてムシムシ、ジメジメとしたイヤな暑さにはなりそうですね。引き続き体調管理に気を付けてください。

12日(水)の細かい天気の移り変わりです。
前線が日本列島を通過するタイミングで雨となりそうです。日本海側の地方から内陸の地方へだんだんと雨の範囲が移っていくのがわかると思います。お住まいの地域ではどんな天気になりそうか確認してみてください。

関東はゲリラ雷雨になるかも?


東京の予報マークは「曇り」のみでしたが、関東は↑の画像の通り雷の起こりやすい確率が高めになっています。こういう時は予報を鵜呑みにしすぎると危険で、急に雷雨になることがままあります。ゲリラ的な降り方をするということは真夏になってきた証拠でもあります。あすは念のため雨具をお持ちください。