気象予報士の河津です。
きょう21日は寒かったですね~。春一番のあとは冬に戻ると書きましたが、わかっていても寒いものは寒いです。春本番が待ち遠しいですね。

あすは西から天気下り坂


さて、早速あす22日(水)の予想天気図です。
本州付近には高気圧がありますね。ざっくり言えば、高気圧=晴れなので、あすは晴れる所が多くなります。ただし、九州の西には低気圧や前線があります。これもざっくり言えば低気圧・前線=雨です。

そして、低気圧や前線は東へ移動していくので、あすは九州など西の地域から雨の降りだす所が出てきます。天気予報でよく言う「西から天気が下り坂」ってやつです。太字のところは天気図3カ条と同じく、天気図を見る上でぜひ覚えて欲しい事柄です。

雨の予想を見てみよう


22日から23日(木)にかけての雨の予想です。こうやって地図ベースで予想を見ると、西から雨の範囲が広がっていく様子がよくわかりますよね?
自分がいる場所では何時位から雨が降り出すのか?何時ごろには止みそうなのか?イメージしながら動画を見てみて下さい。

雨の予想動画を見る時のポイント


それから、雨の強さにも注目してほしいです。天気図の前線にあたる部分が、雨が強く降る所と連動します。前線が通過するタイミングは雨風が強まるので、そういう時間帯は外出を避けた方が無難です。そういう所まで計算できるようになると、マークだけの天気予報を見るよりも詳しい天気変化が把握できるようになります。

このブログを通じて、自分自身で天気予報ができるようにサポートしていきたいと考えているので、予想動画を見る時のポイントをちょくちょく書いていきたいと思います!