気象予報士の河津(@makotokawazu)です。
2017年が始まったと思ったら、もうきょうで2月も終わり。早いですね~。
さて、気象庁が定義している冬は、12月、1月、2月の3か月間です。つまりきょうで冬は終わります。

今シーズンの冬は暖かかった?


こちらは気象庁のサイトに掲載されている画像です。気温が平年と比べて高かったのか低かったのかを色別に表示しています。
期間が11月30日からきのう2月27日までの90日間なので、ほぼ気象庁が定義するところの冬と思ってもらってよいと思います。

これを見れば一目瞭然、黄色の表示がほとんどで、場所によってはオレンジ、赤もあります。端的に言うと暖冬ですね。
暖色系の表示は平年よりも気温が高かったことを表しています。黄色の表示は+0.5℃以上、たいして変わらないじゃんと思われるかもしれませんが、90日間の平均で考えると結構大きな差なんですよ。

そもそも予想はどうだった?


こちらの画像も気象庁のもの。実は気象庁は毎年9月下旬に、冬の気温がどうなるかの予想を発表しています。
実は沖縄~西日本では気温が低くなるかもと予想されていたんですね。大陸から西日本の方に寒気が流れ込みやすいというコンピュータの計算が出ていたようですが、これだけ長期の予報ともなると、精度が落ちてしまうのは仕方ないかなという気もします。

今年の夏は暑い?


この流れで出すのはイジワルかもしれませんが…先日、今年の夏がどうなりそうかというのも発表されています。
全国的にオレンジ色の表示なので、暑くなりそうですね。
とはいえまだ先の話ですからどうなるかわからないので、今後もブログで情報をお伝えしていこうと思います。